横浜のクリニックで埋没法を受けた体験

埋没法とは

ずっと一重まぶたにコンプレックスを感じていました埋没法とは本当に埋没法を受けてみて良かった

ネット上で色々調べたところ、埋没法というプチ整形に興味を持つようになりました。
これは、まぶたの裏から細い糸を通して二重に留める施術のことだということです。
施術時間も短く、何より二重のラインが気に入らなければ簡単に糸を外せるという点が良いなあと感じました。
それで、もっとよく話を聞くために、地元の横浜で一番評判のいいクリニックにカウンセリングに行くことにしたのです。
予約をした時刻にカウンセリングに伺うと、受付の方がすぐに個室に案内してくれました。
手術を担当してくれる先生が対応してくれましたが、埋没法について手術のリスク、術後の経過、注意点など分かりやすく説明してくれました。
また、まぶたの状態をじっくりと確認した後、どのような二重が合うかも提示してくれたのです。
私は施術中に痛みを感じないかどうか最も危惧していました。
その点について訊ねた所、部分麻酔を施してくれるので痛みを感じることがないと断言してくれたのです。
こちらが疑問に感じていることにちゃんと答えてくれるので、好感が持てました。
信頼できるクリニックだと思い、すぐに施術の予約をしました。
埋没法の施術の手順についてですが、まず先生と二重のラインを自然に仕上がるように最終調整していきます。
自分が希望するラインに印をつけた後、麻酔注射をまぶたにしてくれました。
注射は一瞬、痛みを感じるものの、我慢できないほどではありません。
麻酔が効き始めるのを待ってから、手術が始まりました。
施術中は先生にまぶたを触られているという感覚はありますが、痛みは全くありません。
ハリを使ってまぶたに糸を通している様子が見えているので少し怖いですが、慣れてくればどうってことはありません。