横浜のクリニックで埋没法を受けた体験

ずっと一重まぶたにコンプレックスを感じていました

ずっと一重まぶたにコンプレックスを感じていました埋没法とは本当に埋没法を受けてみて良かった

私は、物心がついた時からずっと一重まぶたにコンプレックスを感じていました。
周囲の友人はみんな二重のパッチリとした目だったので、すごく可愛らしくて憧れていたのです。
それで、高校生くらいから、目を二重にするために付けまつげをするようになりました。
付けまつげを装着すると、一重まぶたが持ち上がって自然な二重に生まれ変われるのです。
よって、付けまつげは私にとって外出する際の必需品になっていました。
ただ毎日、付けまつげを当たり前のように装着していた所、目の周りの皮膚が次第に荒れるようになりました。
冬の寒い時期は痛みを感じるようになり、付けまつげをすることに抵抗を感じるようになったのです。
だからといって、付けまつげをせずに外出する勇気もありません。
このことをきっかけに、真剣に二重瞼の整形を受けることを考え始めました。

アメブロを更新しました。
『GL=グランドループ埋没法で綺麗な平行形二重を。
LIPO DESIGN by SHUKATOR』 #メイク #アイメイク https://t.co/cZJVhNAogn

— 湘南美容クリニック 横浜東口院 (@sbc_e_yokohama) 2019年7月28日